眼の検査について

視力検査

人間の目は、水晶体で焦点を合わせています。ちょうどカメラでいうレンズの働きをするものです。その焦点をあわせる機能に、異常があるかどうかを調べる検査です。

矯正視力検査

視力検査を行うさいレンズ等をあてはめ、患者様にとっての一番いい視力を探す検査です。主に眼鏡やコンタクトレンズを作成する場合に行います。

屈折検査

遠視、近視等の度合いがどの程度なのか知ることができます。遠視の場合は+(プラス)近視の場合は-(マイナス)の数値を出すことができ、それによって、自分に合った眼鏡やコンタクトレンズをつくることができます。

角膜曲率半径計測

コンタクトレンズ作成時に行う検査です。角膜の歪み(どの程度カーブしているか)を測定します。それにより、患者様一人一人に合ったレンズをつくることができ、さらに乱視の有無も調べることが可能です。

網障灯顕微鏡検査

眼科の検査の中で必ずといってよいほど行う重要な検査です。眼球を拡大して角膜、結膜、水晶体の異常を発見することができ、ほぼ全ての目の病気を診る際行います。

眼底検査

人間の目はピンポン球くらいの大きさの球状の形をしています。その内周りに網膜という光を感じる細胞の集まりがあり、眼底と呼んでいます。眼底には動脈、静脈が豊富にみられ、眼底に光を当てて直接診ることができます。眼底に疾患があると視力に直接影響する場合が多いので、視力の異常、視野の異常が自覚された時は眼底検査が非常に重要となります。

眼底カメラ

眼底検査の際眼底の様子をカメラに収める検査です。

自動視野検査

目の内周りにある、網膜という光を感じる細胞の集まりの感度を計測する検査です。人間の目は中心部が一番光に対して敏感なのですが、そこから離れていくに従って敏感ではなくなってきます。左右どちらかの側でだけよく物にぶつかる等、見え方に偏った変化が生じた場合もこの視野検査を行います。

両眼視機能検査

人間の目は二つあることで遠近感や立体感を判断することができています。この両眼機能検査は、そういった遠近感や立体感が正常かどうか調べる検査です。眼鏡やコンタクトで矯正しても視力が出ない、弱視の症状の検査等にも使われています。

色覚検査

それぞれに異なる図形(円等)が描かれている紙を何枚か見せて、どのような図形が描かれているかを答えます。正常な場合はその図形の中に描かれた数字などを読むことができます。
簡単ネット予約はこちら

混雑状況

診療時間

診療時間
9:00 - 13:00
15:00 - 19:00

アクセスマップ

Googleマップで拡大して見る

菅谷眼科の連携医療機関